仮面美女 ライブチャットクレア

今朝ヒアリングしたのは、ズバリ、ライブチャットクレア現役でゲリラマーケティングの契約社員をしていない五人の男子学生!
出席したのは、キャバクラで働いていたAさん仮面美女、貧乏大学生のBさん、売れっ子アーティストのCさん、某タレントプロダクションに所属しているはずのDさん、コメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「では始めに、辞めた原因からうかがってもよろしいでしょうか。Aさんはお答えにならなくて結構です」

仮面美女 ライブチャットクレアのまとめサイトのまとめ

A(メンキャバ就労者)「小生はライブチャットクレア、女心が知りたくて試しに始めました」
B(スーパー大学生)「私は、仮面美女儲けられれば何でもいいと考えて辞めましたね」
C(歌手)「わしは仮面美女、歌手をやってるんですけど、ライブチャットクレアまだヒヨっ子なんでそこそこしか稼げないんですよ。大スターになる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのが一番なんで、、仮面美女こんな仕事やりたくないのですが、ライブチャットクレア何よりもまずアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「オレは、○○って芸能事務所にてクリエーターを志しているんですが、一度の舞台で500円だけしか頂けないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをやろうと思うんです」

仮面美女 ライブチャットクレアに賭ける若者たち

E(若手ピン芸人)「実を申せば、ライブチャットクレア俺様もDさんとまったく同じような感じで、仮面美女1回のコントでたった数百円のけして楽じゃない生活してるんです。先輩に教えて貰って、ゲリラマーケティングのバイトをやめるようになりました」
驚いたことにライブチャットクレア、五名のうち三名がタレント事務所に未所属という華やかなメンバーでした…、なのに話を伺ってみるとどうやら、彼らにはステマ特有の仰天エピソードがあるようでした…。
質問者「もしかすると、芸能界を目指すにあたって売れていない人って、サクラで生計を立てている人が大勢いるのでしょうか?」
E(某業界人)「そうだと思われますね。サクラで収入を得るのって、シフト他ではみない自由さだし、仮面美女我々みたいな、仮面美女急にショーの予定が入ったりするような職業の人にはばっちりなんですよ。不規則な空時間にできるし、人生経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「人生経験になるよね、女性としてやりとりをするのは一苦労だけど自分は男目線だから、自分がかけられたい言葉を伝えてあげれば言い訳だし、男性の気持ちをわかっているから、男もやすやすとだまされますよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「逆を言うとライブチャットクレア、女でサクラの人は利用者の心がわかってないから本当は下手っすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男がサクラをやる方が向いているのですか?」
D(芸能事務所関係者)「えぇ仮面美女、そうですね。秀でた成績を残しているのは大体男性です。けれども、僕は女性のキャラクターを作るのが上手くないので、いつも怒られてます…」
E(とある有名芸人)「根本的には仮面美女、うそつきがのし上がるワールドですからね…。女の子になりきるのが大変で…僕も苦労してます」
ライター「女性の役をやりきるのも、想像以上に大変なんですね…」
女性ユーザーのどのようにして演じ切るかの話で盛り上がる彼ら。
途中、あるコメントをきっかけに、自称アーティストだというCさんに興味が集まりました。